Loading...

インテリアコーディネートの依頼・相談ならLaughstyle(ラフスタイル / MAKO) 東京をはじめ全国対応


インテリアコーディネートの依頼・相談ならLaughstyle(ラフスタイル / MAKO) 東京をはじめ全国対応

プロが15万で作った!
快眠度UP寝室のインテリアコーディネート

本件は理想の空間を、なるべくお金をかけずに作ってみるプロジェクトとしてスタートしました。

お金をかけなくても、究極的に理想の空間を作ることは、アイデア次第で可能です。

結果的に、IKEA、ザラホームを使い、 壁紙間仕切り込みで、なんと15万円以下で完成させることができました。(※小物などは私物になります)

悩みやご相談内容

当方からのインテリアコーディネートアドバイス

既存のベッドリネンを活用しながら、色の効用を使って、快適な寝室作りをしました。

家具の設置場所を変え、新たなものを購入することにより、物の収納場所・ワークスペースの確保をプラスαで趣味の動画・映画を見るスペースを確保。

DIYツールを使用して、間仕切りを作っています。間仕切りがない方が広くは見えますが、もともとベッドと作業スペースの距離の近さが嫌だと聞いていたので、間仕切りを入れ適度な遮りをプラスしました。

デスクとベッドの距離を近くすることで、趣味の動画・映画を見るスペースを作っています。

その他、この部屋作りのポイントはでいうと、窓周りの納め方や壁紙の張り方などもアイデアを詰込んでいます。

コーディネートギャラリー

Before(コーディネート前)


After(コーディネート後)


インテリアコーディネート ショート動画

この投稿をInstagramで見る

インテリアコーディネーター MAKO(@kojimamako)がシェアした投稿

最後に

人が暮らす空間は、空間だけをテーマやコンセプトに絞り作りこんでしまうと空間が主役になりがちになってしまうので、私は空間より、そこにいる人を主役にしたものを作るようにします。

心地よさを求めるなら空間だけを作りこみすぎないで、その都度、必要なもの・不要なものを見極め足したり、引いたり・・・

人によって求める空間は様々なのでその人に合わせて作ります。

お部屋作りは優先順位でいくと、衣服住の順番のように、後回しになってきてしまいがちです。

その為、今回のような、リーズナブルなコストで実現できるプロジェクトを企画しました。

インテリアは、その後に与える影響力のイメージ、効果が体感されていないと優先されにくいものです。

ただ、あなたの時間の過ごし方が確実に豊かになる空間が作れるなら、限りある時間の中でなるべく早く過ごすことを選択してみるのは良いことですし、おすすめです。

ご興味のある方は、お問い合わせくださいね。

インテリアコーディネート・プロデュース事例

サイトメニュー